ABOUT

みなまきラボは、地域の魅力を発見し、地域の未来を考え、創りだし、発信していく、開かれたまちづくりの拠点です。大学や行政、企業、そして住民の方々が一緒になって、まちをもっと楽しくしていくための様々な取組を行っていきます。

週替りで運営パートナーである様々なクリエイターや大学生らによって、まちを楽しむための様々な試みが展開されます。時にはみなまきラボの中に留まらず駅前広場やまち全体を舞台にイベントやワークショップも行っていきます。

活動を通して、みんなで一緒に新しい地域の魅力をつくりだしていくことを目指していきますので、ぜひ参加してみて下さい。

みなまきラボの背景

横浜市と相鉄ホールディングス株式会社は、市民・地域団体、大学、行政、民間企業との協働による新たなまちづくりをすすめるために、「相鉄いずみ野線沿線の次代のまちづくりの推進に関する協定」を平成25年に締結し、地域の資源や魅力を最大限に活用し、誰もが住みたいと憧れるまちづくりの取組を推進してきました。

そして平成28年には、これまでの取り組み内容を広げ、地域課題の解決を公・民・学が連携協働して更に進めるため、横浜国立大学、フェリス女学院大学、横浜市及び相鉄ホールディングス株式会社によって「相鉄いずみ野線沿線における次代のまちづくりの推進に係る4者連携覚書」を締結しました。

これらの取組を展開していく拠点の一つとして、みなまきラボも活用していきます。

FLOOR PLAN

※一般貸出について

Webからお申込み頂ければ、平日の10:00〜12:30の間、どなたでもスペースを借りることができます。

(使用料1080円(税込)/1回)

一般貸出申し込みWebサイト

みなまきラボの家具と積み木

南万騎が原駅の開業からずっと地域の成長を見守ってきた駅前の楠や銀杏、けやきの木々たちが、テーブルや椅子、積み木などに生まれ変わり、みなまきラボのシンボルとなっています。


※南万騎が原駅前にあった樹木

SCHEDULE

運営パートナーによるオープン日

(一般貸出申し込みはこちらから)

MAP

所在地: 〒241-0835 神奈川県横浜市旭区柏町127 相鉄ライフ南まきが原内

最寄り駅: 相鉄いずみ野線南万騎が原駅下車、徒歩1分

詳細地図

MEMBER

みなまきラボ運営委員会

運営パートナー

ハマノトウダイ

地域を照らすトウダイを目指し地元企業、NPO、行政をつなぎ日常を変える新しい解決策を提案。

ソトノバ|sotonoba.place

街のソトを楽しく豊かに使いこなすために役立つアイデアを発信するパブリックスペース特化型ウェブマガジン

山手総合計画研究所

横浜を拠点に、都市デザイン、まちづくりから建築やランドスケープ、サインの設計等までてがける。みなまきラボのFabGIS製作。

NOGAN

デザインのチカラで社会的課題の解決を目指すクリエイティブエージェンシー。

stgk inc.

ランドスケープからオブジェまで幅広い分野を手掛けるデザイン事務所。南万騎が原駅前の広場も設計。

横浜コミュニティデザイン・ラボ

2003年設立のまちづくり&メディア系NPO。LOCAL GOOD YOKOHAMAを運営。

運営事務局

オンデザインパートナーズ

横浜馬車道の設計事務所。住宅からまちづくりまで対話を通じてプロジェクトの価値を最大化します。

CONTACT